翁の毒舌川柳

移り行く世相を斜に構えて、皮肉とも愚痴とも取れる川柳をノートに綴りつけてきた。これからはブログに書きつけて公表してみよう。

道長の  満月を見る  散歩かな

11月23日夕暮れの散歩で、東の空にハッとするような神々しい、大きな明るいお月様が見えた。中秋の名月以上に素晴らしかった。久しぶりにきれいなお月さまを見たのでしばらく見とれていた。

翌日ネットで、朝日新聞の記事をみて、「そうか、あれが道長が見た月の1000年後の姿か」と感慨に浸った。

記事紹介

平安時代の貴族、藤原道長(966~1027)が「この世をばわが世とぞ思ふ望月(もちづき)の欠けたることもなしと思へば」と詠んでからちょうど1千年後の満月が23日夕、昇った。栄華を極めた藤原氏の時代は移り変わったが、望月はなお欠けることなく地上を照らし続けている 

 平安の貴族・藤原実資(さねすけ)の日記「小右記(しょうゆうき)」や道長自身の日記によると、道長はこの歌を寛仁2(1018)年10月16日に詠んだ。兵庫県明石市立天文科学館の井上毅(たけし)館長が調べると、この日は確かに満月だったという。今年の旧暦10月16日は11月23日だ