翁の毒舌川柳

移り行く世相を斜に構えて、皮肉とも愚痴とも取れる川柳をノートに綴りつけてきた。これからはブログに書きつけて公表してみよう。

合流も モリ(森友)カケ(加計)もある 安保論ない 核の傘の下

今回は短歌形式で。

北朝鮮は今年平成29年になってから、ミサイルは飛ばし技術は格段進歩し、水爆(?)実験はするし、トランプ大統領はツイッターで吠えまくり、日本の頭上を通り越してお互いに口撃しあっている。こんな国際情勢なのに日本の野党はなんと呑気なことか。核の傘の下の恩恵を一番被っているのは野党ではないだろうか。


平成29年9月28日衆議院解散。解散前の国会では、モリそば・カケそばをおごってもらったから忖度したと攻めた。遠吠えに終わり、解散の話が出ると疑惑隠し党利党略と非難していた。

衆議院の解散が決まると。途端に前原委員長が希望の党と合流と言い出す。これには空いた口がふさがらない。また小沢一郎もほくそ笑んで一枚絡んできた。
ついでに一句

あんたのこと   党利党略   民進党