翁の毒舌川柳

移り行く世相を斜に構えて、皮肉とも愚痴とも取れる川柳をノートに綴りつけてきた。これからはブログに書きつけて公表してみよう。

どう違う 官民ファンド 天下りと

税金よ    官民ファンド    だまされるな

 

各省庁が官民ファンドを立ち上げて、産業育成を掲げている。

官民ファンドが何をやっているのか知らないし、わからない。マスコミが突っ込まなければ国民は知りようがない。今のマスコミに期待しても無理だ。

官民ファンドの金はほとんどが国の金、つまり税金だよ。収支決算はどうなっているのか国民は知りようがない。マスコミが突っ込まなければ。
赤字時の責任は官僚は、政治家はどうなっているの。両者ともその時は代が変わって知らぬ存ぜぬで通す。

人の金で会社を興し、赤字になれば人の金でしりぬぐいをする。いいなあ、官僚と政治家は。民間はその時の経営者が貧乏くじを引いて辞めるのに。

 

立憲民主党共産党は見て見ぬふりをする。とりあえず、産業育成はよいことだし、それにこんな問題を国会で取り上げても票にはならないし、倒閣にも結び付かない。

彼らの目的は国益ではなく、倒閣だから。かっての民主党を見れば自明の理。

 

 

日本語に 頭のいい人 翻訳を

いつの頃か、英語を翻訳しないでそのままカタカナで表現する方法が安易に使われるようになった。

特に、お役所 (国家公務員)が率先して使っている。マスコミも勝手に「まだ知らないの」という上から目線でそのまま流している。

特にパソコンが普及してから甚だしい。それでもパソコン用語のサーティフィケーションが「認証」という言葉に定着してきているので、やればできる。

 

英語をカタカナ表記使うのが常識になれば、日本語が変質してしまう。これは文化の問題としてゆゆしき問題である。言語学者の意見を聞きたい。

 

お隣のチャイナは、英語を必ず漢字に置き換えらせていると聞いている。これぞお隣を見習うべきだ。

 

最後のと どっちが多いか 初めての

平成31年4月になると「平成最後の」の枕詞が急に耳にするようになり、いい加減うんざりしていた。5月になると今度は「令和初めての」の言葉にとって代わられ、最初の頃はよく耳にしたが、5月も中旬になろうとしている今日この頃は落ち着いてきたなあ。

 

螺旋巻き だんだん小さく 小沢さん

自由党と国民民主党が合併に合意。(平成30年2月23日新聞より)
小沢が国民民主の原発政策を受け入れて合意に達した。


小沢がどんなに美辞麗句を並べても、そのうち屁理屈をこねて間違いなくごね出す。
小沢一郎はこれまでも政党をぶち壊しては安普請でまた作り上げてきた過去を何度も繰り返している。そのたびに変節している。

4年前に、反原発で一致し小沢一郎の生活の党に山本太郎が加わって、「生活の党と山本太郎となかまたち」という小さな政党が出来た。(これで政党要件が満たされろことになり、政党交付金を受け取れることになった。)

のちに自由党に改名して今回の合意となった。しかし「山本太郎となかまたち」はこの騒ぎに出てこないがどうしたのだろう。

今回は立憲民主党との「数合わせ」の戦いの面が強く感じられる。

老獪というよりも変節漢で恥も外聞もかなぐり捨てて露骨に「政治」にしがみつく小沢一郎老害だ。有権者よ考えてよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余談

小沢はいったい何をしたいのだろうか。持論は政権交代できる二大政党制らしいが、政権を取ったら何をするの?

かって、小泉純一郎は「聖域なき改革」と叫び、小生はじめ国民を熱狂の渦に巻き込んだ。その時も改革案の中身を説明しなかった。彼のやったことは日本式改革ではなくアメリカ要求の年次改善要望書を丸写しただけ。
日本をアメリカに売っただけで、ここから日本はおかしくなったのはご存知の通り。

小沢は政権を取ったら、中共習近平の年次改善要望書を実行するのか?

 

 

 

故意にやる 漁船連行 会談前

ロシアが日ロ首脳会談前に、日本の漁船を違法操業で連行した。

どこのマスコミも報じないが、ロシアの揺さぶりだろうと確信する。

よその国は平気で謀略を巡らす。日本だけだよ、丁寧に真摯に対応すれば必ず相手はわかるとのほほんとしているのは。外務省ととくにマスコミ。

 

ジェット機 拘置所に 着陸

 カルロスゴーン日産元会長の逮捕を受けて。

ほかにも 

•ジェットで     独居房に    直行

•ちと早い     どこで打つのか    ゴーンゴーン

•ちと早い     平成最後       ゴーンゴーン

 

日産を立て直したら、5年ぐらいでやめなければと常々思っていた。19年とは長すぎる。(日本の市長にも長いのがごろごろいる)

下種の勘繰り

フランス等のヨーロッパ社会は階級社会であり、建前はきれいだけど本音は人種差別がある。ルノーのトップであるゴーンは肌で感じていただろう。その点、日本人は権力に従順でおとなしい。儲け頭の子会社日産のトップに座り続け、親会社のルノーに睨みを利かせていたのではないだろうか。