翁の毒舌川柳

移り行く世相を斜に構えて、皮肉とも愚痴とも取れる川柳をノートに綴りつけてきた。これからはブログに書きつけて公表してみよう。

沖縄を 米に返還 チャイナノー

平成30年9月、沖縄知事選で玉城デニー氏当選。大差で自由民主党推薦候補を大差で破る。

沖縄は終わった

50年もしないうちに沖縄は中共領になるのではないだろうか。その前に台湾を乗っ取るだろう。

沖縄が中共下に入る前に、沖縄をアメリカに再返還し中共の膨張を止めないと。

 

アメリカがアジアから撤退すると、中共はすぐに台湾、沖縄を手中に収める。次は日本。その時には、韓国は北朝鮮に乗っ取られている。

軍事力のない日本はどうする?中共核の傘の下に入ろうと左派系の人間が跋扈する。

核を持つ中共北朝鮮に頭が上がらなくなり、属国になる。同じ属国ならアメリカのほうがましだ。

 

軍事力のない国は独立国家ではない。そして滅びる。歴史が証明している

 

 

 

 

政界で パワハラされた 当たり前だ

平成30年9月の自民党総裁選で石破派の農林水産相 首相の陣営から辞任圧力をかけられたと発言した。マスメディアは「パワハラ」と報道。

石破元幹事長は、「自民党総裁選挙のあとの内閣改造や党役員人事について「『終わったあとは干してやる』とか、『冷や飯を覚悟しろ』などというのはパワハラで、自民党はそんな政党ではなかったはずだ 」と講演。

政界は、権謀術数の世界で「 脅し 、スカシ、 裏切り 、寝返りなんでもあり」の世界ではないのか。
自分でその世界の飛び込み、閣僚まで登りつめた輩が口にする言葉か。

政治家の資質が落ちたとしか言いようがない。(そんな人を選んだのは我々国民だが)

それを正義面して報道するマスメディアもだらしない。

舞い踊る 月光仮面 テニスコート

テニスコートで戯れる奥さん方の服装は。

帽子、サングラス、鼻から下に日焼防止のマスク、腕にはUVカットの腕カバーを着けられると誰かさっぱりわからい。

あんな格好でボールを打てるのかなあ。サングラスは距離感が掴みにくい(経験者より)

そんなに日焼が気になるのならやめたら。

最近は散歩でも月光仮面を見かける。

サマータイム 恣意のかたまり 時間ずらせ

東京オリンピック組織委員会会長が「東京オリンピック開催中、サマータイムを」とぶち上げた。安倍総理が検討を約束した。

屋外競技のみ競技時間を早めれば済む話。それに伴う交通機関等の変更だけで済む。サマータイムは国民の生活全体をかえることになり何のメリットがある。

日本の夏の暑さを理由にしているが、本末転倒もいいとこ。

競技時間変更をIOCと協議しろ。IOCを説き伏せるより、俺の政治力を見せるほうがたやすいのだろう。

 

発想の単純さは、小泉元総理の「脱原発」と同じ

 

4増と 拘束名簿 何じゃこれ

7月18日に成立した参議院選挙制度を変える改正公選法のことである。

これほど国民を愚弄・馬鹿にした法案はない。

新しい選挙制度の骨格は以下のようになる。

(1)議員1人あたりの有権者数が全国で最も多い埼玉選挙区の定数を2増やす。 

(2)比例代表の定数は4増やす。

(3)現在の比例代表は「非拘束名簿式」だが、その一部を特定枠として「拘束名簿式」を導入する。

自民党をはじめとした各党は、ことある度に「身を切る改革」を約束している。「身を切る改革」は歳費や各種議員特権の削減も含まれるが基本的には議員定数の削減を意味する。定員増はしたけど、議員にかかる総費用は2割削減しましたというのならまだ許せる。

 

マスコミは、公権力のチェック機関だと公言するキャスターとそれを容認するマスコミ各社は、誰の味方だ。我々庶民はマスコミの報道次第で怒りは大きくもなるし小さくもなる。甘く見ているとつけがまわるぞ。

 

野党はモリカケ等で安倍退陣ばかり標的にしている。

自分たちが言っている「身を切る改革」を提案せよ。

 

マスコミは、船田議員は採決棄権し戒告処分を受けたという報道や、小泉議員は賛成票を投じた偽改革者という報道がベタ記事しかない。

 

民間で言えば、役員が身内で取締役会で役員以上の人数を増やし、特別功労者役として名誉職を設けたといえばよいのかな。

欲眩み トランプの王 金(かね)に負けた

米朝会談後明日で1ヶ月となる。いろんな動きがあったけど、平和ボケが進んでいる感じがする

 

米朝会談の前まで、トランプ大統領は威勢の良い、さすがアメリカの大統領と言わんばありの大口を叩いていた。
蓋を開けてみてびっくり、譲歩のしまくり、挙句は少し経ってから「戦争は避けられた。非核化には時間がかかる」と自己弁護も甚だしい。

ポンペイ国務長官は平城にご機嫌伺に詣でて、{言いたいことは言った}と北朝鮮のペースに丸め込まれ、レッドカード一つきれず。
このままでは時間稼ぎに使われ、アメリカは次の民主党大統領時代に北を核保有国と認めざるを得なくなるだろう。

結局はアメリカは自分のことしか考えないし某国は最後はアメリカについてくると見くびられている。国家の安全保障を他国に委ねるということは未来永劫にこういうことになる。

その某国の国民はそれでも目が覚めないのか。7年弱の占領政策(特に徹底した検閲とWGIP)で自虐史観が植えつけられ、後生大事に守ろうとする左翼勢力(特に学会&マスコミ)が幅を利かしている。

戦争に負けるということはこういうことだ。敗戦後70年も経過すれば、もうこれは内政問題である。

安倍政権の時に一歩踏み出したい。近隣諸国の歴史戦に対しても、毅然と臨むことが最優先。

 

 

 

二度起こせば ゴーンとお鈴(りん)の音 日本では

平成30年7月  日産が排ガス・燃費で不正発覚。昨年9月に無資格検査で問題を起こしている。今年3月にはSUBARUが同じ排ガス・燃費で不正の問題を起こし社長が辞任。
日産はそれを横目に見ながら、6月まで不正をしていた工場があったらしい。

外資系企業なら奪い取るのが常識なら、日産社員はおとなしすぎる。

日系企業なら後継者を育てないゴーンさんあんたが悪い。

いずれにしても、

ゴーンさんいい加減に日産・三菱から手を引いたら。もう老害だよ。